アンダーソンの多趣味な日々〜趣を味方につける生き方〜

多趣味な男の多くの人たちの出会い、日々の楽しみを綴るブログです(^^)

STAR AIRSOFT Mk46-SPWを見てみる

どうも、アンダーソンです。


今日も私のブログ読んでいただいてありがとうございます。
今の世の中って面白くないことばっかりじゃないですか。

 
それだからこそ面白いことやってみたほうがいいじゃないですか!
だから私は新しいライフスタイルを提案し続けます、遊び方面でね^^

今回の記事はこちらです。

 

ー STAR AIRSOFT Mk46-SPWを見てみる ―

前回紹介した、STARエアソフト製のMk46-SPW

徹底した軽量化とコストカットによって、サバイバルゲームで使用し易い様になっています。

anderson1911.hatenablog.com

 

しかしながら、肝心の仕上がりやギミックなどはどうなのか?

今回はその部分にフォーカスして見ていきます。

 

 

 

まずは全体像です。

この部分は他のメーカーさんと違い、金属では無いのでチープさはあります。

f:id:anderson1911:20181222114030j:image

 

前回はお見せしておりませんでしたが、付属のマガジンはこちら。

実弾だと100連マガジンですが、こちらのモデルには1550発装弾出来るそうです。

f:id:anderson1911:20181222114215j:image

 

本来であればなかなか付いてこないダミーカートですが、今回のモデルでは配線を隠すために小粋な造りをしています。

給弾はよくある横給弾ではなく、垂直給弾になります。

 

この多弾マガジン内部に本体駆動用のバッテリーや、マガジンの巻き上げ駆動の動力が入ります。

巻き上げ用には単3電池2本を使用します。

f:id:anderson1911:20181223225310j:image

 

次にストックですが、こちらはM249パラモデルと同じ伸縮式ストックになります。

 他のメーカーさんでは様々な種類のストックが出ていますが、移植出来るかは謎です。

f:id:anderson1911:20181222125037j:image

 

G&P Mk-46 固定ストック GP428

G&P Mk-46 固定ストック GP428

 

 

 

フレーム右側に付いているチャージングハンドルは固定したダミーになります。

ここのギミックが無いのはとても残念ですね。

f:id:anderson1911:20181222125242j:image

 

アサイトは搭載されていますが、固定式でした…とても残念です💦

しかし代わりにトップレールがあるので、光学サイトを取り付けられるのは救いですね。

f:id:anderson1911:20181222190631j:image

 

フィードカバーを開けると、中にはメカボックスが入っています。

しかし前回書いた通りプラスチックのため、強度が心配ですね…

f:id:anderson1911:20181222190825j:image

 

セルクターは押し込み式で、セーフティを切り替えます。(画像上、グリップ上部の赤丸)

言うまでもなくフルオートオンリーのため、セレクターを解除したらぶっ放せます。

 

HOPの調整はフィードカバーを開けて、六角レンチで行います。

正直かなり堅いのと、位置的に非常に回しにくいですね。

f:id:anderson1911:20181223225327j:image

 

大まかな確認としては以上になりますが、やはりリアリティを求める人には難があるものになります。

結構機能がオミットされているので、せつない気持ちになります。

 

しかし自分としてはサバイバルゲームで扱いやすいかどうかが問題です。

ひとまず近くサバゲーで使ってみたいと思います。

 

 

 

 

今日も私のブログ読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

毎日たくさんの方にご覧いただいてとてもうれしいです!

 

ここで一つあなたにお願いです!

さらに明日のブログを書く元気をください! 

 

明日もアンダーソンのブログを読みたい方は下のリンクから

是非読者登録お願いいたします。

 応援のコメントはブログ下部の赤枠のリンクから

f:id:anderson1911:20180519213039p:plain

 応援メールはこちら

f:id:anderson1911:20180519213950j:plain

 

LINEがいい方は下のボタンから

友だち追加

 

明日もあなたの人生に一粒の楽しいエッセンスを

加えるブログを投稿しますのでお楽しみに